園田 茂人(そのだ しげと、1961年 - )は、日本社会学者東京大学大学院情報学環・東洋文化研究所教授。専門は中国社会論、比較社会学、アジア文化変容論。千葉県出身。

経歴編集

  • 1984年 - 東京大学文学部社会学科卒業
  • 1986年 - 東京大学大学院社会学研究科社会学(A)コース修士課程修了
  • 1987年 - 中国南開大学社会学系へ留学(中国政府奨学金による高級進修生)
  • 1988年 - 東京大学大学院社会学研究科博士課程中退
  • 東京大学文学部助手、中央大学文学部教授、早稲田大学大学院教授などを歴任。
  • 2009年東京大学学際情報学府教授

主張編集

  • アジア各国で韓流ブームが巻き起こっていると主張し、それが米国偏重から脱却しようとする動きであると主張している。更には韓国は日本にとって「重要な他者」であり、アジア文化・アジア化推進の引き金になっていると説いている[1]

著書編集

編著編集

脚注編集

  1. ^ 韓流ブームはアジアの脱米潮流と関係…東大でシンポジウム=韓国

外部リンク編集