土居利光

土居 利光(どい としみつ、1951年 - )は、恩賜上野動物園東京都台東区上野公園)の現園長(第14代)。

目次

略歴・人物編集

千葉大学園芸学部造園学科卒業後、1975年東京都庁入庁。東京都環境局生態系保全担当課長、同自然公園課長、2005年多摩動物公園園長等を経て、2011年8月1日より現職。新園長となっての初めての仕事は、パンダフレーム切手贈呈式への出席[1]

2012年7月12日には、ジャイアントパンダの雌シンシン(7歳)の赤ちゃん(雄)が肺炎で死んだ件に関しての記者会見を開き、涙を流しながら会見した[2]

著書編集

  • 『野生との共存』(共著、2012年)
  • 『はじめての生きもの図鑑』(共著、2014年)

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集