メインメニューを開く

土居 良三(どい りょうぞう、1921年1月11日[1] - 2005年5月15日)は、日本の伝記作家。

経歴編集

東京生まれ。東京帝国大学法学部、海軍経理学校を卒業、学徒出陣の一員であった。戦後は実業界で、テキスタイル・コンサルティング代表取締役等を務めた。

軍艦奉行・木村摂津守(木村芥舟)の従者として咸臨丸に搭乗し、太平洋を渡り渡米した長尾幸作の曾孫で、その航海日誌『鴻目魁耳』を手がかりに、『咸臨丸海を渡る』を著し、1994年に和辻哲郎文化賞受賞。

以後は、没するまで勝海舟など、幕末期(江戸幕府方)の人物評伝を執筆した。

著書編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』1999年