メインメニューを開く
 
在原安貞
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 不明
改名 安貞王→在原安貞
官位 正五位下摂津守
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇陽成天皇
氏族 在原朝臣
父母 父:高岳親王
兄弟 善淵安貞
載春
テンプレートを表示

在原 安貞(ありわら の やすさだ)は、平安時代前期の貴族平城天皇の第三皇子・高岳親王の子。官位正五位下摂津守

経歴編集

薬子の変で父・高岳親王が皇太子を廃されると、兄・善淵と共に臣籍降下して在原朝臣姓を与えられる。

天安2年(858年清和天皇の即位に伴い従五位下叙爵貞観3年(861年大和権守任官する。その後は、貞観4年(862年)6月に大宰権少弐、次いで翌貞観5年(862年)2月に大宰少弐に昇格し、貞観8年(866年)には従五位上肥後守に叙任されるなど、清和朝中盤は九州地方の地方官を歴任した。

この間の貞観7年(865年)に父・高岳親王が広州より海路天竺を目指し出発したものの、消息を絶っていた。貞観15年(873年)になって安貞は兄の善淵と共に、入唐後長期間消息がなく生死不明となっていた父・高岳親王の封邑の返却を上表するがこの時は許されなかった[1]

陽成朝に入り、貞観19年(877年)摂津守に任ぜられる。元慶2年(878年次侍従に補任され、元慶3年(879年)正月に正五位下に叙せられる。同年閏10月に再び父・高岳親王の封邑の返却を上表し、今度は許されている[2]

官歴編集

日本三代実録』による。

系譜編集

  • 父:高岳親王
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 男子:在原載春

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本三代実録』貞観15年11月14日条
  2. ^ 『日本三代実録』元慶3年閏10月1日条
  3. ^ 日本三代実録元慶2年7月2日条。

参考文献編集