在大阪中華人民共和国総領事館

在大阪中華人民共和国総領事館簡体字中国語: 中华人民共和国驻大阪总领事馆英語: Consulate-General of the People's Republic of China in Osaka)、在大阪中国総領事館簡体字中国語: 中国驻大阪总领事馆英語: Consulate-General of China in Osaka)は、中華人民共和国日本大阪府大阪市に設置している総領事館である。

在大阪中華人民共和国総領事館
中华人民共和国驻大阪总领事馆
Consulate-General of the People's Republic of China in Osaka.jpg
所在地日本の旗 日本
住所大阪府大阪市西区靭本町3-9-2
座標北緯34度40分57.9秒 東経135度29分14.3秒 / 北緯34.682750度 東経135.487306度 / 34.682750; 135.487306座標: 北緯34度40分57.9秒 東経135度29分14.3秒 / 北緯34.682750度 東経135.487306度 / 34.682750; 135.487306
開設1976年3月
管轄大阪府、京都府兵庫県奈良県和歌山県滋賀県愛媛県高知県徳島県香川県広島県島根県岡山県鳥取県
総領事薛剣
ウェブサイトosaka.china-consulate.org/jpn/

1976年3月、中華人民共和国からの派遣では初となる駐日総領事館として大阪市に開設された[1]。初代総領事は田平中国語版[2]

傘下に、在阪華人教育や日中教育交流を目的とする在大阪中華人民共和国総領事館教育室簡体字中国語: 中华人民共和国驻大阪总领事馆教育组)、在大阪中国総領事館教育室簡体字中国語: 中国驻大阪总领事馆教育组)を擁する[3]

2020年9月12日、南モンゴル(いわゆる内モンゴル/内蒙古)の小中学校で中国語による教育が強化された措置を不当として、南モンゴル出身者ら約100人が在大阪中国総領事館近くで集会を開き、南モンゴルにおけるモンゴル語教育の保護を訴えるデモ行進を行い、総領事館前を通りかかった際には総領事館に抗議文を投函した[4]

所在地編集

〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町3-9-2[5]

総領事館には一般社団法人大阪中華北幇公所が入居しており[6]、建物に「大阪中華北幫公所大厦」(大阪中華北幇公所ビル)と刻字されている。

教育室(簡体字中国語: 教育组)は大阪市外にあり、その住所は「〒564-0063 大阪府吹田市江坂町5-4-4」である[7]

業務管轄区域編集

大阪府、京都府兵庫県奈良県和歌山県滋賀県愛媛県高知県徳島県香川県広島県島根県岡山県鳥取県[8]

総領事編集

氏名(日本語) 氏名(中国語簡体字) 着任 退任 備考
1 田平中国語版 田平 1976年3月 1978年10月 第3代シエラレオネ駐箚大使中国語版英語版[9]
2 王植范 王植范 1978年10月 1982年12月 [9]
3 文遅 文迟 1984年1月 1987年9月 [9]
4 陸琪 陆琪 1988年3月 1990年6月 第5代福岡総領事[9]
5 千昌奎 千昌奎 1990年6月 1994年7月 第3代札幌総領事[9]
6 劉智剛 刘智刚 1994年8月 1998年8月 [9]
7 劉毅 刘毅 1998年9月 2001年2月 [9]
8 王泰平 王泰平 2001年2月 2003年7月 第7代札幌総領事、第10代福岡総領事[9]
9 邱国洪中国語版 邱国洪 2003年8月 2006年1月 第17代ネパール駐箚大使中国語版英語版、第7代韓国駐箚大使中国語版英語版[9]
10 羅田広 罗田广 2006年2月 2008年7月 第6代札幌総領事[9]
11 鄭祥林中国語版 郑祥林 2008年12月 2011年11月 第16代ネパール駐箚大使、第9代ブルネイ駐箚大使中国語版[9]
12 劉毅仁 刘毅仁 2011年12月 2016年4月 [9]
13 李天然中国語版 李天然 2016年5月 2019年12月 初代名古屋総領事、第10代福岡総領事、第2代名古屋領事[9][10]
14 何振良 何振良 2020年2月 2020年12月 第11代福岡総領事[9]
- 張玉萍 张玉萍 2020年12月 2021年6月 代理総領事[11]
15 薛剣 薛剑 2021年6月 (現職) [12]

著名な在勤者編集

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集