メインメニューを開く

在日本韓国人連合会(ざいにっぽんかんこくじんれんごうかい、재일본한국인연합회、在日本韓國人聯合會)(略称・韓人会한인회)はニューカマー在日韓国人による全国組織で民団に次ぐ韓国人親睦団体。

在日本韓国人連合会
各種表記
ハングル 재일본한국인연합회
漢字 在日本韓國人聯合會
日本語読み: ざいにっぽんかんこくじんれんごうかい
テンプレートを表示
在日本韓国人連合会
国籍 日本の旗 日本
格付 任意団体
専門分野 在日韓国人による親睦団体。
設立日 2001年5月20日
代表者 具 哲
活動地域 全国(主に首都圏)
郵便番号 169-0072 
事務所 東京都新宿区大久保2-1-8 プラザ新大樹ビル本棟408
テンプレートを表示

本部事務所は東京都新宿区大久保

歴史編集

  • 1980年代末:韓国海外旅行が自由化され、いわゆるニューカマーの韓国人の来日が増える。
  • 2000年9月:大久保地域を中心とした韓国人らが集まり「在日韓国人を考える会」がつくられる
  • 2001年1月17日:「韓人会準備委員会」を組織
  • 2001年5月20日:「在日本韓国人連合会」結成、会長:金熙錫、副会長:趙玉済(チョ・オクジェ、조옥제)、事務局長:安昌徳
  • 2009年4月20日:「日本韓国人連合会」傘下に新宿韓人発展委員会発足。委員長には趙玉済元韓人会会長[1][2]
  • 2009年5月:新任会長:朴栽世(パク・ジェセ、박재세
  • 2010年5月20日:第9次韓人会定期総会にて新宿韓人発展委員会委員長に李孝烈副会長が就任
  • 2012年5月25日:第6代「在日本韓国人連合会」会長に白永善(ベク・ヨンソン、백영선)が就任
  • 2013年8月7日:第7代「在日本韓国人連合会」会長に李玉順(イ・オクスン、이옥순)が就任
  • 2015年5月23日第8代「在日本韓国人連合会」会長に具哲(グチョル、구철)が就任

会の目的と方針編集

現在の組織・役員編集

  • 会長:具哲(グ・チョル)
  • 理事長:金宰郁(キム・ジェウク)
  • 副会長:権容守(クオン・ヨンス)
  • 副会長:玉東ホ(オ・ドンホ)
  • 副会長:陸鐘文(ユク・ジョンムン)
  • 副会長:李忠基(イ・チュンギ)
  • 副会長:鄭永秀(ジョン・ヨンス)
  • 副会長:洪聖協(ホン・ソンヒョブ)
  • 副理事長:金德洪(キム・ドックホン)
  • 副理事長:宋錫九(ソン・ソック)
  • 副理事長:劉錦相(ユ・グムサン)
  • 副理事長:李大閣(イ・デガク)
  • 副理事長:李義炯(イ・ウィヒョン)

概要・現況編集

  • 1980年代に韓国から来日したニューカマーはおよそ約20万にのぼる。
  • ニューカマーを対象にした民団に次ぐ第2の韓国人の民間組織。
  • ニューカマーを対象にした啓蒙活動、教育、広報などを行っている。
  • 韓国人が密集している東京新宿地域の街の活性化と美化運動を毎月行っている。
  • 2010年7月9日、大阪で地元の韓国人らと関西地域の韓人会設立準備会合を行い[3]、9月29日、在日本関西韓国人連合会(関西韓人会、初代会長:朴良基高麗貿易ジャパン代表取締役)の設立総会が大阪で開かれた[4]
  • 横浜地域と千葉地域にも支部の設立を目指している[3]

その他編集

  • 在日本大韓民国民団と統合することが提起されている[5]
  • 新大久保コリアンタウン「クリーン活動」は、新宿韓人発展委員会が中心となって行われた。李丙琪は、この活動に加わり、懸念を表明した。これに対し、在日本韓国人連合会の関係者は「大使にとって在特会は、のどに突き刺さった骨のようなものなのでしょう」と語った。クリーン活動終了後、李大使は、「新大久保を中心に反韓デモなどがいまだに続いている。在日同胞の方が日本社会のために尊敬を受ける存在になれば、韓日関係も発展すると思う。そのためには新旧の在日同胞が一丸となって頑張らないといけない。」と在日社会の団結を強く訴えたという[6]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集