メインメニューを開く

地壇

地壇公園から転送)

地壇(ちだん、満州語: ᠨᠠ ᡳ
ᠮᡠᡍᡩᡝᡥᡠᠨ
 転写:na i mukdehun)とは中華人民共和国北京市東城区安定門外にある史跡で、清代皇帝が地の神に対して祭祀を行った宗教的な場所(祭壇)である。

地壇
Erdaltar 01.jpg
各種表記
繁体字 地壇
簡体字 地壇
拼音 Dìtán
注音符号 ㄉ|ˋ ㄊㄢˊ
発音: ディタン
テンプレートを表示
北京東城区地壇公園での旧正月

目次

歴史編集

主要建築編集

建築の特徴編集

  1. 天壇紫禁城の南東に築かれたのに対して、地壇は紫禁城の北東に築かれており、これは古代中国天南地北説に符合する。
  2. 天壇の主な建築が円形であるのに対して、地壇は方形である。これは『大清会典』の述べる「方(四角)は地を表す」に従っており、中国の天円地方の宇宙観を体現している。
  3. 「天は陽、地は陰とみなす」という陰陽思想に従い、天壇の石塊や、階段、柱などはこぞって奇数(陽数)で構成されている。一方地壇は偶数(陰数)で構成されている。例えば方澤壇の階段は8段であり、壇は6方丈である。使用した石版の数も偶数であり、中華文化を反映している。

廟会編集

北京で年に一度行われる『春節文化廟会』はここで行われる。

座標: 北緯39度57分05秒 東経116度24分36秒 / 北緯39.9514度 東経116.41度 / 39.9514; 116.41 (地壇)