メインメニューを開く

地平線のドーリア(ちへいせんのドーリア : The Dorian Horizon)は、武満徹が作曲した17の弦楽器群のための作品。

目次

概要編集

アメリカ国会図書館のセルゲイ・クーセヴィツキー財団からの委嘱として1966年に作曲され、同年に完成された。初演は同年の8月に、若杉弘の指揮と読売日本交響楽団によって行なわれた。作品はクーセヴィツキーと妻に捧げられている。 作品は西海岸音楽批評家賞を受賞している。

タイトルの「ドーリア」とは、ドーリア旋法のことで、作品は線的な動きとして顕われ、要所に自由なドーリア旋法が用いられている。

構成編集

2つのテトラコルドによるドーリア群からうたを引き出し、4度、5度、長2度の和音から、いわゆる東洋と、流動的で不思議な軟体的音響、いわゆる西洋とを、繊細に激しく響かせている。1奏者が1パートを受け持つマイクロ・ポリフォニーの手法で書かれている。この点では『テクスチュアズ』と同様である。

楽器編成編集

2群の弦楽合奏: 第一群:ヴァイオリン2、ヴィオラ2、チェロ2、コントラバス2. 第二群:ヴァイオリン6、コントラバス3

演奏時間編集

約9分。

参考文献編集

音楽之友社のスコア