メインメニューを開く
坂井大輔

坂井 大輔(さかい だいすけ、1887年明治20年)10月16日[1]1932年昭和7年)5月9日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)、逓信参与官。武道教師[3]玄洋社社員[4]

経歴編集

福岡県福岡市出身。福岡県立中学修猷館を経て、1913年大正2年)に早稲田大学専門部政経科を卒業[5]。その後、ワシントン大学で政治問題・社会問題を研究し、アメリカ合衆国西北部日本人専任幹事を務めた[3]1919年(大正8年)、渡欧してパリ講和会議を視察した。帰国後、外務省嘱託となり、1921年(大正10年)からは福岡日日新聞通信員を務めた[3]ワシントン会議では加藤友三郎全権代表の随員を務めた[3]

1924年大正13年)、衆議院補欠選挙に出馬し、当選を果たした[6]。その後、第15回衆議院議員総選挙から第18回衆議院議員総選挙まで連続当選を果たし、犬養内閣では逓信参与官を務めた。

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第61回帝国議会衆議院議員名簿』、1932年。
  2. ^ 『官報』第1612号、昭和7年5月18日。
  3. ^ a b c d 代議士詳覧 p.528 1924.
  4. ^ 石瀧豊美『玄洋社・封印された実像』海鳥社、2010年、玄洋社社員名簿36頁。
  5. ^ 大衆人事録 1930.
  6. ^ 『官報』第3439号、大正13年2月13日。

参考文献編集

  • 広幡明男『大正十三年五月当選 代議士詳覧』泰山堂、1924年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。