坂井秀寿(さかい ひでひさ、1934年12月1日[1] - 1994年1月16日)は、日本の哲学研究者。

東京都出身。東京都立日比谷高等学校卒、1957年東京大学文学部哲学科卒、同大学院修士課程修了、東海大学助教授、東京都立大学助教授、1978年東大教養学部助教授。1988年退職。1994年1月16日、肺炎のため死去[1]

著書編集

  • 『哲学探究』東京大学出版会 1978
  • 『日本語の文法と論理』勁草書房 1979

共著編集

  • 『現代論理学』坂本百大共著 東海大学出版会 1968

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ a b 『現代物故者事典 1994~1996』(日外アソシエーツ、1997年)p.250

参考編集

  • 『週刊読売』1980年4月20日号「東大教員出身校一覧」
  • 『人物物故大年表』