メインメニューを開く

坂口 昂(さかぐち たかし、明治5年1月15日1872年2月23日) - 昭和3年(1928年1月28日)は、西洋史学者。

兵庫県有馬郡日西原村(現・神戸市)生まれ。1894年帝国大学卒業。文学博士。1907年京都帝国大学助教授となり、原勝郎とともに西洋史学講座を創設。ドイツ、フランス留学ののち、1912年教授、1924年文学部長。古代ギリシャ・ローマ史が専門。55歳で死去。

著書編集

  • 『中等教育西洋史教科書』編 開成館 1913
  • 『世界に於ける希臘文明の潮流』文会堂書店 1917
  • 『概観世界史潮』岩波書店 1920
  • 『歴史家の旅から』内外出版 1923 のち中公文庫
  • 『ルネッサンス史概説 フロレンス及びローマを中心として』岩波書店 1930
  • 『世界史論講』岩波書店 1931
  • 『独逸史学史』岩波書店 1932

翻訳編集

参考編集