メインメニューを開く

坊門 信子(ぼうもん のぶこ、建久4年(1193年) - 文永11年9月18日1274年10月19日))は、鎌倉時代前期から中期にかけての女性。鎌倉幕府の第3代将軍・源実朝正室西八条禅尼と通称される。出家後の法名は本覚尼。父は公卿の坊門信清。兄に坊門忠信坊門忠清らがいる。

元久元年(1204年)に実朝の正室となって鎌倉に赴いた。実朝との仲は良かったといわれるが、子はできなかった。承久元年(1219年)に実朝が暗殺されると寿福寺にて出家し、京に戻った。承久3年(1221年)5月に起こった承久の乱では兄たちが幕府と敵対して敗北し、信子の嘆願によって死罪を免れている。

九条大宮の地に夫の菩提寺・遍照心院(現在の大通寺)を建立した。文永11年(1274年)9月18日に死去。享年82。