西八条禅尼

源実朝の正室、坊門信清の娘

西八条禅尼(にしはちじょうぜんに、建久4年(1193年) - 文永11年9月18日1274年10月19日))は、鎌倉時代前期から中期にかけての女性鎌倉幕府の第3代将軍・源実朝御台所正室)。父は公卿の坊門信清。兄に坊門忠信坊門忠清らがいる。「西八条禅尼」は出家後の通称で、法名は本覚尼(ほんがくに)。

実名を信子(のぶこ)とする説が流布しているが、実際には「信子」という名は伝わっていない[1]。『尊卑分脈』において信清の妹として掲載されている「信子」と混同したものと考えられている[2]

生涯編集

元久元年(1204年)に実朝の正室となって鎌倉に赴いた。実朝との仲は良かったといわれるが、子はできなかった。建保4年(1216年)、尼御台政子の命により実朝の兄頼家の娘(後の竹御所)を猶子に迎える。承久元年(1219年)に実朝が暗殺されるとその翌日には寿福寺にて出家し、に戻った。承久3年(1221年)5月に起こった承久の乱では兄たちが幕府と敵対して敗北し、西八条禅尼の嘆願によって死罪を免れている。

九条大宮の地に夫の菩提寺・遍照心院(現在の大通寺)を建立した。文永11年(1274年)9月18日に死去。享年82。

関連作品編集

小説
  • 佐藤雫 『言の葉は、残りて』集英社、2020年。ISBN 978-4-08-771697-9 
テレビドラマ

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

参考文献編集

  • 坂井孝一 『鎌倉殿と執権北条氏:義時はいかに朝廷を乗り越えたか』NHK出版〈NHK出版新書661〉、2021年9月。ISBN 978-4-14-088661-8