メインメニューを開く

城崎 進(じょうさき すすむ、1924年3月26日-2017年8月1日[1])は、日本の神学者。専門は旧約聖書学。関西学院大学名誉教授。

略歴編集

兵庫県西宮市出身。1946年関西学院大学商経学部卒業。同大学院に在籍後、文学部神学科に編入学。相浦忠雄教授の下で、旧約聖書学を専攻した。1951年に文学部神学科助手に就任、その際神学部開設のための実務に当たった。1954年よりアメリカのユニオン神学校に留学。1963年に関西学院大学神学部教授。1969年の大学紛争時に学長代行代理として学内正常化に努力する。その後、院長代行代理、学長代理、院長代理などを歴任し、1977年に神学部長、1981年から学長を務めた。中国の吉林大学やインドネシアのサティヤ・ワチャナ・キリスト教大学との交流を積極的に展開した。1990年に退職し、同大学名誉教授。1990年10月に神戸女学院院長に就任、1991年に同理事長に就任。

受賞編集

著書編集

脚注編集

参考文献編集

  • 関西学院事典編集委員会 編『関西学院事典』関西学院大学出版、2001年。ISBN 4907654316
学職
先代:
小寺武四郎
1978年-1981年
関西学院大学学長
1981年-1985年
次代:
武田建
1985年-1989年