メインメニューを開く

城戸 常雄(きど つねお、1962年 - )は、日本の医学者。神経内科内科専門医である。

京都大学遺伝子治療の研究を行なっていたが、2000年神経幹細胞の研究のために渡米、新たな神経幹細胞「OligoGenie」を発見した。

OligoGenieは髄鞘を形成するために必須な細胞オリゴデンドロサイトへの分化能が極めて高い特徴を持っており、城戸はこのOligoGenieの特徴を活かし、脊髄損傷多発性硬化症筋萎縮性側索硬化症といった神経系の難治性疾患の治療薬の開発を進めるため、NEDOの「研究開発型ベンチャー支援事業」の支援を受け、2015年に株式会社オリゴジェン(本社:東京都千代田区)を起業した。

2017年8月、京都iCAPはオリゴジェンの経営理念と新規神経幹細胞を見い出した研究開発力を高く評価し、そーせいコーポレートベンチャーキャピタル株式会社、ニッセイ・キャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社と共に、総額1億1105万円の第三者割当増資を行った。

略歴編集