(ベトナム語: Thành)はベトナム西山朝と、初期の阮朝とに存在した超広域の地方行政区画である。広域行政区画であるのさらに上に置かれた。

歴史編集

西山朝の阮恵後黎朝を倒した後、南の和義府から北の諒山鎮までの広大な国土を支配した。阮恵は阮主の旧都である富春京(現フエ)に首都を置き、𤅷江(ジャン川)以南の阮主の領土を直接支配する一方、後黎朝の首都の昇龍奉天府(現ハノイ)には北城を置き、𤅷江以北の領土を管理するため皇族から任命した総鎮を置いた。

嘉隆元年(1802年)、阮福映は西山朝を倒して阮朝を建てた。北城は残したが、横山以南、𤅷江以北の清華鎮永安鎮を直轄領とした。

嘉隆七年(1808年)、嘉定鎮嘉定城(現ホーチミン市)に改められ、重臣を任命して南部地域を管理させた。

明命年間、悅郡公の黎文悦と質郡公の黎宗質は嘉定城と北城の総鎮を務め、南北の軍政を掌握し、明命帝の皇権を脅かした。そこで明命帝は行政区画を再編して、北城と嘉定城の二つの行政単位を廃止した。

明命十二年(1831年)明命帝は承天府以北の諸鎮を省に改め、北城を廃止した。翌年(1832年)、承天府以南の諸鎮を省に改め、嘉定城を廃止した。

明命15年(1834年)、明命帝は大将張明講を派遣して高綿(カンボジア)を支配し、高綿に鎮西城を置いて、高綿全域の33府2県を管轄した。明命21年(1840年)に高綿の国号を廃止し、高綿全域を改土帰流させて、10府23県を設置して鎮西城の管轄下に置いた。しかし、高綿人はベトナムの支配を受け入れようとせず、ベトナム人官吏に反抗し、ベトナム軍を襲撃し続けた。紹治年間、阮朝は高綿人の反抗に耐えかねて、鎮西城の諸府県を放棄した。

管轄区域編集

  • 北城:西山朝では13鎮を管轄。阮朝では11鎮に改められた。
  • 嘉定城:5鎮を管轄。
  • 鎮西城:10府を管轄。

参考文献編集