メインメニューを開く

埴科藩(はにしなはん)は、信濃国に存在した

概要編集

松代藩主・真田信之の次男の真田信政が、1622年に1万7000石を内分分知されたことから立藩した。寛永16年(1639年)6月、信政が上野国沼田藩へ移封されると、信政の所領は弟の真田信重が継いだ。しかし信重は正保4年(1647年)2月、嗣子なくして松代にて死去し、埴科の所領は父・信之に返上され、埴科藩は廃藩となった。

歴代藩主編集

真田家

1万7000石。外様

  1. 真田信政(のぶまさ)
  2. 真田信重(のぶしげ)