メインメニューを開く

執筆(しっぴつ、英語:writing)は文章を書くこと。書く人を執筆者(しっぴつしゃ)という。とあるが筆記タイピングなど手段は問わない。口述筆記の場合は、話している人が執筆者であり、書いている人やタイピストは執筆者では無い。執筆(しゅひつ)については以下を参照。

役職としての執筆(しゅひつ)編集

執筆(しゅひつ)は、右筆の別名であり、書記役にある人をいう。鎌倉時代には引付執筆奉行が置かれており、訴訟における記録を書きとめていた。江戸時代加賀前田氏には、家老執筆、若年寄執筆、御用所執筆、御次執筆などの役職が置かれていた。

連歌・連句における執筆(しゅひつ)編集

連歌連句(連俳)における執筆(しゅひつ)は、作品に参加せず、連衆の句を書きとめてゆく係を指す。なお、場合によっては挙句一句のみを詠むことを求められることもある。

関連項目編集