メインメニューを開く

堀 三政(ほり みつまさ、生年不詳 - 明暦3年(1657年))は、江戸時代の武将。は勘兵衛。

堀秀重の六男(五男とする系図もある)で、堀秀政の弟。徳川忠長に仕えていたが、忠長が改易され浪人となる。寛永12年(1635年)、三政は新発田藩溝口宣直公御預となる。溝口宣直の母長寿院が三政の姪であり、藩主の大伯父であったため(『寛永諸家系図伝』)、藩中では尊敬されていた(新発田藩の世臣譜では三政は長寿院の兄で、藩主の伯父となっている。三政は秀政の息子秀治より年下で、長寿院と年が近かったための勘違いかと思われる)三政は、仕官はせず、閑幽と号し、生涯客分の身であった。末期に及び、宣直公より「何ぞ云ひ置事か、望もあるや」と尋ねたところ、「伜とも両人に代々二百石ずつ賜りたし」と言ったという。

嫡男の勘兵衛重昌、三男の善大夫重時がそれぞれ二百石ずつ賜り、武頭(物頭)となる。子孫は各々勘兵衛、善大夫を名乗り、明治維新まで、新発田藩に武頭の家系として仕えた。

参考文献編集

  • 『新発田藩史料 第二巻 藩臣編』 新発田市史編纂委員会編 国書刊行会 1988
  • 『寛永諸家系図伝』