堀 秀重(ほり ひでしげ)は、戦国時代武将

 
堀秀重
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文元年(1532年
死没 慶長11年11月28日1606年12月27日
改名 太郎左衛門(幼名)、秀重
戒名 松林道伯東浄寺
墓所 新潟県上越市春日山町の林泉寺
官位 掃部大夫
幕府 江戸幕府
主君 斎藤道三織田信長
氏族 堀氏
父母 父:堀掃部大夫利房
兄弟 掃部太夫、秀重
秀政多賀秀種利重三政
娘(生駒一正室)、娘(堀直重正室)
テンプレートを表示

天文元年(1532年)、堀掃部大夫(名前は不詳)の次男として生まれる。兄は父と同じく掃部太夫を称したが、脚気にかかって歩行が出来なくなり一向宗となったので、秀重が家督を継いだ。はじめ斎藤道三、次いで織田信長に仕え、近江坂田郡に3000石、ほかに2000石の合計5000石を与えられた。

嫡男の秀政は信長の寵愛を受け、信長死後も豊臣秀吉に重用されて大名にまで栄進、秀重もその下で主に代官的な政務補佐を担当したが、1590年に秀政は早世。慶長3年(1598年)4月、孫の堀秀治越後春日山30万石に移封されると、その後見役となり、秀吉から1万400石の所領を与えられた。

しかし、その秀治も慶長11年(1606年)5月に早世。秀重もその後を追うように11月28日に死去した。享年75。