メインメニューを開く

堀田 正吉(ほった まさよし)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将江戸幕府旗本

 
堀田正吉
時代 安土桃山時代 - 江戸時代
生誕 元亀2年(1571年
死没 寛永6年2月17日1629年3月11日
別名 正利、通称:勘左衛門
墓所 東京都台東区日輪寺
幕府 江戸幕府
主君 織田信長浅野長政小早川隆景秀秋徳川氏
氏族 堀田氏
父母 父:堀田正秀、母:浅野長一
兄弟 正親重保則兼正行正吉
稲葉正成娘・まん
正盛脇坂安利、娘(大草高正室→佐久間実勝室)、娘(花房職利室)、勝境院(喜多見重勝室)、娘(高井源左衛門室)、娘(亀井経矩室)、娘(堀直上室)、娘(水谷勝俊正室)
テンプレートを表示

当初、織田信長、そして浅野長政に仕え、文禄元年(1592年)より、小早川隆景、次代の養子小早川秀秋に仕えた。関ヶ原の戦いののち、慶長7年(1602年)に秀秋が没すると、慶長10年(1605年)に江戸幕府に出仕し500石を給される。寛永元年(1624年)、福島正則が没するとその検視役として赴く。寛永6年(1629年)に59歳で没する。身分の低い自分が、子・正盛の出世の足手まといになると考えたことによる自害とされる。

正室のまんは、稲葉正成の継室・春日局の義娘にあたり、子の正盛は早くより将軍徳川家光に近侍し寵愛を受け、幕府の要職に抜擢、大名となり子孫は繁栄した。