メインメニューを開く

堀 直方(ほり なおかた、明和4年1月13日1767年2月11日) - 文化2年7月23日1805年8月17日))は、越後村松藩の第7代藩主。直寄系支流堀家7代。第5代藩主・堀直堯の長男・堀直泰の長男。正室は木下俊胤の娘(戸田忠寛の養女)。子は堀直庸(次男)、堀直央(三男)、サヨ(柳生俊豊正室)。官位は従五位下、左京亮

村松藩嫡子だった直泰の嫡男として生誕。安永8年(1779年)、父が死去したため家督は叔父・堀直教が継いだが、その養子となる。寛政7年(1795年)、直教の隠居により藩主に就任した。しかし、享和2年(1802年)に次男・直庸に家督を譲って隠居した。3年後の文化2年(1805年)に死去した。