メインメニューを開く

尭然法親王

平安時代の法親王
堯然法親王から転送)

堯然法親王(ぎょうねん ほっしんのう、慶長7年10月3日1602年11月16日) - 寛文元年閏8月22日1661年10月15日))は、江戸時代前期の皇族天台宗延暦寺別院門跡妙法院の門跡。後陽成天皇の第六皇子。母は持明院基孝の娘掌侍持明院基子。六宮と称される。諡号は慈音院。

尭然法親王
Imperial Prince Abbot Gyōnaenn.jpg
堯然法親王(妙法院蔵)

続柄 後陽成天皇第六皇子
全名 常嘉
身位 二品・親王
出生 慶長7年10月3日1602年11月16日
死去 寛文元年閏8月22日1661年10月15日)(享年60)
父親 後陽成天皇
母親 持明院基子
役職 天台座主
テンプレートを表示

来歴編集

慶長8年(1603年)常胤法親王の資となり妙法院に入室し、慶長18年(1613年)親王宣下を受けた。元和2年(1616年)に得度して堯然と号し、元和9年(1623年)二品に叙せられた。寛永17年(1640年)天台座主となり、以後2度天台座主に任じられたが、明暦元年(1655年)3度目の座主職は辞任している。能書家で、絵画立花香道茶道石州流)にも詳しかった。

出典編集