メインメニューを開く

報土寺(ほうどうじ)は、東京都港区赤坂にある真宗大谷派の寺院。

 報土寺
所在地  東京都港区赤坂7丁目6-20
位置 北緯35度40分15.9秒
東経139度43分57.9秒
座標: 北緯35度40分15.9秒 東経139度43分57.9秒
山号 咲柳山
宗旨 浄土真宗
宗派 真宗大谷派
本尊 阿弥陀如来
創建年 1614年
開山 永受
地図
報土寺の位置(東京都区部内)
報土寺
法人番号 6010405001512
テンプレートを表示

慶長十九年(1614年)に永受法師による創建。山号は咲柳山(しょうりゅうざん)、寺号は報土寺(ほうどうじ)。

永受法師は越前・朝倉義景の末裔であり、義景が出陣の時に、いつも兜に入れていたと伝えられる『阿弥陀如来銅像』を携えてこの地に落ち延びたと伝えられている。この『阿弥陀如来銅像』を本堂に安置。

 境内には江戸時代の力士、雷電為右ヱ門の墓をはじめ、江戸時代の儒学者、井部香山・の墓、丸木利陽の墓、野村文挙の碑などがある。また境内には港区の文化財である築地塀(練塀)や梵鐘などがあります。

創建当初の所在地は赤坂一ツ木大沢の里(現在の赤坂五丁目辺り)だったが、幕府の用地取り上げにより、安永九年(1780年三分坂下の台地に移転し現在に至る。