メインメニューを開く

堺 晃一(さかい こういち、1986年3月11日 - )は日本の元陸上競技選手、専門は長距離走兵庫県加古川市出身。兵庫県立飾磨工業高等学校駒澤大学卒業。富士通陸上競技部に所属。

堺 晃一
さかい こういち
Portal:陸上競技
選手情報
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走10000m走
所属 富士通
生年月日 1986年3月11日
身長 173cm
体重 59kg
編集 テンプレートのヘルプを表示する

略歴・人物編集

駒澤大学4年生次の第84回箱根駅伝において、復路のエース区間である9区を任され、8区で区間賞の深津卓也から襷を受け取り、首位を走っていた早大をかわし、総合優勝の立役者となった。

卒業後は、富士通に入社し、2010年全日本実業団対抗駅伝競走大会では,エース区間の4区を任され、中国電力の佐藤敦之に次ぐ区間2位の好走を見せた。翌年は、5区を任され区間4位だった。

彼のセールスポイントは、長距離選手とは思えぬ鍛え抜かれたがっしりした体格であり、向かい風や上りに強く、ロードを得意とする。マラソンにも力を入れている。

2015年5月をもって富士通陸上競技部を退部。引退し、社業に従事することが発表された[1]

主な戦績編集

個人編集

  • 2005年: 高島平20kmロードレース 優勝 (1時間00分43秒)
  • 2006年: 札幌マラソン ハーフの部 優勝 (1時間05分34秒)
  • 2007年: 札幌マラソン ハーフの部 優勝 (1時間05分59秒)
  • 2015年: 玉名ハーフマラソン 優勝 (1時間02分54秒)

駅伝編集

大会 区間 距離 順位 記録 備考
2006 第82回箱根駅伝 8区 21.3km 区間2位 1時間05分17秒
2007 第83回箱根駅伝   9区 23.2km 区間4位 1時間11分14秒
2008 第84回箱根駅伝 9区 23.2km 区間2位 1時間09分14秒 駒澤大学総合優勝

自己ベスト編集

脚注編集

  1. ^ 陸上競技部 選手引退のお知らせ”. 富士通 (2015年11月7日). 2015年11月8日閲覧。

外部リンク編集