メインメニューを開く

地理・概要編集

頂上からは四国の主な山並みと瀬戸内海を一望出来る。塩塚峰に広がる塩塚高原は近年まで地元農家に茅肥採取地として活用されていた。良質な茅肥を守るための野焼きが現在も行われている。数少ない観光型里山の一つとも言える。

塩塚はもともと愛媛での呼称で、かつては塩塚山塩塚峯と呼ばれることが多かったようである。徳島ではドウメキ山と呼ばれていたようである。

ギャラリー編集

注釈・出典編集

関連項目編集