メインメニューを開く

塩素酸カルシウム(えんそさんカルシウム、Calcium chlorate)は、化学式 Ca(ClO3)2で表される無機化合物。カルシウム塩素酸塩で、強い酸化性を有する。水には易溶。花火の材料などとして用いられる。

塩素酸カルシウム
識別情報
CAS登録番号 10017-74-3 チェック
PubChem 24978
EC番号 233-378-2
RTECS番号 FN9800000
特性
化学式 Ca(ClO3)2
モル質量 206.98 g/mol
外観 白色の固体
密度 2.71 g/cm3(二水和物)
融点

325 °C, 598 K, 617 °F

への溶解度 209 g/100mL (20℃)
構造
結晶構造 単斜晶系(二水和物)
関連する物質
その他の陽イオン 塩素酸マグネシウム
塩素酸ストロンチウム
塩素酸バリウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

性質編集

二水和物は単斜晶系の無色の結晶で、水に対する溶解度は大きく潮解性を持つ。エタノールおよびアセトンにも可溶である。

二水和物は100℃で溶融するがさらに加熱すると結晶水を失い、酸素を放出して分解する。

合成編集

水溶液中に水酸化カルシウムを懸濁させて、加熱しながら塩素ガスを吹き込むと不均化により目的物が生成し、結晶が析出する[1]

 

水溶液からは76℃以下では二水和物、以上では無水物が析出する。

法規制編集

GHSにおける酸化性固体(区分2)に該当し、各国で貯蔵や運搬に規制がある(国連番号1452)。日本では船舶安全法航空法によってGHSに基づく規制があり、また消防法に基づく危険物第1類および毒物及び劇物取締法に基づく劇物に指定されている。

脚注・参考文献編集

  1. ^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年

関連項目編集