塩見 康史(しおみ やすし、1972年5月23日 - )は、日本作曲家

略歴編集

神奈川県出身[1]早稲田大学第一文学部を卒業した[2]。作曲は独学である[2]2017年、「古き森の戦記」が、第28回朝日作曲賞 (吹奏楽)を受賞[2][3]2018年、「妖精の国」が、日本ハープコンクールジュニア部門課題曲に選出される[4]2020年、日本アマチュアオーケストラ連盟の委嘱により、「Sinfonietta "Millennium Prelude"」を作曲する[5][6]

主な作品編集

オーケストラ・吹奏楽作品編集

  • Sinfonietta ”Millennium Prelude”(日本アマチュアオーケストラ連盟委嘱作品)(2020年)
  • 古き森の戦記(第28回朝日作曲賞受賞作品)(2017年)
  • 吹奏楽のための「森の精霊」(2017年)

コントラバス作品編集

  • コントラバス・ソナタ(2003年日本現代音楽協会主催「コントラバスフェスタⅡ」公募入選)(2001年)
  • 幻想曲「時のさすらい人」 (2012年)
  • エレジー (2008年)
  • クラリネットとコントラバスとピアノのための組曲「J&J」(2022年/2010年)
  • コントラバスのための演奏会用練習曲集「四季」 全12曲 (2017年)

その他編集

  • 弦楽のためのソナタ (2013年)
  • 妖精の国(2018年日本ハープコンクールジュニア部門課題曲公募選出)(2018年)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

外部リンク編集