塩谷宕陰

1809-1867, 江戸時代末期の儒学者

塩谷 宕陰(しおのや とういん、文化6年4月17日1809年5月30日) - 慶応3年8月28日1867年9月25日))は、江戸末期の儒学者

塩谷 宕陰
人物情報
生誕 (1809-05-30) 1809年5月30日
日本の旗 日本東京都
死没 1867年9月25日(1867-09-25)(58歳)
出身校 昌平黌
学問
研究分野 儒学
研究機関 昌平黌
テンプレートを表示

経歴編集

江戸愛宕山下に生まれる。名は世弘、通称は甲蔵、字は毅侯、別号は九里香園、悔山、晩薫廬。文政7年(1824年昌平黌に入門し、また松崎慊堂に学んだ。遠江掛川藩主の太田氏に仕え、嘉永6年(1853年ペリー来航の際に献策し、海防論を著す。文久2年(1862年昌平黌教授に抜擢され修史に携わる。

河井継之助は宕陰の紹介状を持って山田方谷を訪ねている。

家族・親族編集

栄典編集

没後刊行の著書編集

  • 宕陰存稿 山城屋政吉, 1870
  • 大統歌 名山閣, 1873
  • 昭代記 塩谷時敏, 1879
  • 茗黌廿勝小記 高美書店, 1890
  • 宕陰賸稿 谷門精舎, 1931
  • 丕揚録 近藤出版社(日本史料選書), 1971

脚注編集

  1. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.37