メインメニューを開く

塩谷 賛(しおたに さん、1916年8月28日 - 1977年5月8日)は、編集者、幸田露伴研究家。

本名・土橋利彦。東京生まれ。東京府立第三中学校を卒業後、1942年甲鳥書林に入社、44年幸田露伴の許を訪れ、そのまま助手となり、『評釈芭蕉七部集』などの口述筆記にたずさわる。46年『中央公論』に「天皇」を発表。47年露伴の没後、岩波書店で露伴全集の編纂に携わり、中央公論社幸田文全集の編纂に当たる。1960年失明。五年がかりで評伝『幸田露伴』を執筆、1969年読売文学賞を受賞する。

著書編集

  • 海青篇 中央公論社 1946
  • 龍 中央公論社 1947
  • 露伴抄 全国書房 1948
  • 露伴翁家語 朝日新聞社 1948
  • 露伴の魔 その文献的研究 角川書店 1949/復刻版:日本図書センター 1984
  • 萬葉露のしづ枝 東京創元社 1956
  • 幸田露伴 中央公論社全3巻 1965-1968/中公文庫全4巻 1977
  • 露伴と遊び 創樹社 1972

編纂編集

  • 夏目漱石事典 東京創元社 1956 (夏目漱石作品集別巻)
  • 幸田露伴紀行文集 新潮文庫 1957
  • 露伴翁座談 全2冊 角川文庫

参考文献編集

  • 中公文庫『幸田露伴』の著者紹介