角川文庫(かどかわぶんこ)は、株式会社KADOKAWAが発行している文庫レーベル(角川書店ブランド)。

目次

変遷編集

1949年の創刊当時はB6判で刊行され、1950年より現在のA6判となった。

角川源義が社長の時代は岩波文庫新潮文庫に伍する文庫として「文芸路線」を掲げ、夏目漱石森鴎外芥川龍之介など近代日本文学のほか『源氏物語』『平家物語』など古典を収め、外国文学でも多くの古典作品を揃えていた。しかし源義の長男・角川春樹の社長就任以後は「大衆路線」へと大きく路線を変更した(#角川商法および角川書店参照)。その後角川春樹が麻薬事件で逮捕され、弟の角川歴彦が後継社長に就任した頃から、大衆路線を維持しながらも、かつて出版していた古典作品の復刊が行われ、若干の古典回帰が図られて現在に至っている。

整理番号の変更が特に顕著で、著者50音順に変更後も行われている。ただし、ISBNコードは、1960年代初頭に設定した6桁の番号を基盤にしているので、古い時期に刊行されたものの復刊も容易となっている(実際、1980年代末から、何回か過去の作品を復刊している)。しかし発行点数は1万を超えているだけあって、その分絶版や長期品切れも多い。特に、日本の古典作品には、角川文庫しか文庫版が存在しないものも少なくないため、古書店で高価で取引されるものも多い。1999年4月から2008年2月までの新刊および重版には、背表紙の整理番号の上にマイクロQRコードがあった。

角川商法編集

いわゆる角川商法を1970年代後半から展開している。父角川源義の死去により角川書店社長となった角川春樹は、自社が発行する小説を原作に映画を製作。大規模な宣伝で映画と書籍の相乗効果を狙うメディアミックスが話題となった。この方法は現在も踏襲されており、海外の映画のノベライズが代表的(但し、映画化などに合わせて「大衆路線」とは一概に言えない傾向の文学作品が刊行されることもある)。詳細は角川映画を参照。

分類編集

1989年3月までの分類。現在は著者50音順。

キャラクター編集

角川文庫のキャラクターについて解説する。

チョックラ・ド・フローネ

[3]

ディスくん

本の形になっている口を大きく開けているカバ [4]

ハッケンくん

赤い鼻がトレードマーク。新しい発見を見つけると、鼻が「!」に変わる [5] [6]

派生レーベル編集

KADOKAWAの文庫レーベルも参照。斜字は休刊。

脚注編集

外部リンク編集

関連項目編集