メインメニューを開く

境界(きょうかい、きょうがい、けいかい)とは、事物や領域などを分ける境目のこと。分野や用法により様々な用例がある。

目次

きょうかい編集

数学編集

計算機編集

インタフェースと呼ぶ。ハードウェアインタフェース(ハードウェア同士の接続境界、接続機器の形状・仕様)、ソフトウェアインタフェース(ソフトウェア同士の境界)、ユーザインタフェース(計算機と人の境界、ウェブユーザーインターフェースグラフィカルユーザインタフェース、を含む)などがある。

物理編集

地理編集

と国の境界を国境(こっきょう、くにざかい)という。また、国土と国土の間の地理的な境界だけでなく、さまざまな行為について国家主権の適用される範囲の境界も国境と呼称されることがある。

このほか、行政単位の単位名称に応じて、県境(けんきょう、けんざかい)・州境(しゅうきょう、しゅうざかい)などの呼称がなされている。

医学編集

個人の境界線境界性パーソナリティ障害境界例などの用例がある。

きょうがい編集

仏教編集

仏教用語としては、以下の用例がある。

  • 果報として各自が受ける境遇。
  • 六境。認知作用・思考作用を起す「眼・耳・鼻・舌・身・意」の六根の対象。六塵とも呼ぶ。

けいかい編集

法律編集

土地の地番を区切る公法上の線のこと。「経界」「筆界」とも呼ばれ、以下の用例や関連する内容がある。

関連項目編集

外部リンク編集