メインメニューを開く

増田口駅(ましたぐちえき)は、愛知県西春日井郡清洲町(現・清須市)にあった、名古屋鉄道名古屋本線

増田口駅
ましたぐち
MASHITAGUTHI
新清洲 (1.1km)
(1.2km) 大里
所在地 愛知県西春日井郡清洲町西市場
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 名古屋本線
(営業時は名岐線)
キロ程 76.3km(豊橋起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1928年昭和3年)2月3日
廃止年月日 1969年(昭和42年)4月5日*
備考 *1944年(昭和19年)より休止
テンプレートを表示

現在の新清洲駅 - 大里駅の間に存在した。

歴史編集

その他編集

  • 駅名の増田とは、中島郡大里村増田(現・稲沢市増田)に由来するが、駅は隣接する西春日井郡清洲町西市場(現・清須市西市場)に設置されていた。元々西春日井郡清洲町西市場は中島郡大里村の一部であったが、1909年明治42年)に分離し、清洲町に編入された地域である。

隣の駅編集

所属路線、隣の駅は営業時代のもの。

名古屋鉄道
名岐線
特急急行
通過
普通
西清洲駅 - 増田口駅 - 大里駅