多治比継兄
時代 奈良時代 - 平安時代初期
生誕 不明
死没 大同4年7月11日809年8月25日
官位 従四位上神祇伯
主君 光仁天皇桓武天皇
氏族 多治比氏
父母 父:多治比広成
兄弟 継兄豊継、家継、邑刀自
テンプレートを表示

多治比 継兄(たじひ の つぐえ)は、奈良時代から平安時代初期にかけての貴族中納言多治比広成の子とする系図がある[1]官位従四位上神祇伯

経歴編集

光仁朝末の宝亀11年(780年従五位下民部少輔に叙任される。翌天応元年(781年桓武天皇即位後まもなく豊後守に遷ると、天応2年(782年大宰少弐と桓武朝初頭は九州地方の地方官を歴任する。延暦7年(788年右少弁に任ぜられて京官に復すが、延暦9年(790年)には大宰少弐に再任される。

その後、従四位下まで昇進したのち、延暦16年(797年中務大輔、延暦18年(799年)神祇伯兼右京大夫、延暦24年(805年)兼右兵衛督など、桓武朝後半は京官を歴任している。

平城朝大同4年(809年)7月11日卒去。最終官位散位従四位上。

官歴編集

六国史』による。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 中田憲信『皇胤志』

参考文献編集