メインメニューを開く

多発外傷

多発外傷(たはつがいしょう)とは、身体の複数部位において外傷を負った場合を言う。一般的には頭部胸部腹部骨盤四肢など身体の2か所以上の部位に生命を脅かすような損傷がある場合を言う。重症外傷ではこの多発外傷を占める割合が非常に高い[1]

目次

脚注編集

註釈編集

出典編集

  1. ^ 『救急医療ハンドブック』日本情報出版株式会社、2004年、p.108

参考文献編集