メインメニューを開く

多賀谷 治(たがや おさむ)は、秋田県出身の山岳ガイド

登山で富山県を訪れた時[いつ?]、山の素晴らしさと人の温かさに触れてそのまま富山に住み着いた。

立山ガイド協会に所属し、立山連峰を中心に四季を通じてガイドをしている[いつ?]。また、文部科学省登山研修所の講師も長年[いつ?]務めている。

映画『劔岳 点の記』では撮影支援および支援計画の立案・山岳ガイドたちの統括などにあたった。

外部リンク編集