大中臣定長
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 康治元年12月9日1142年12月27日
官位 神祇権大副
主君 崇徳天皇
氏族 大中臣氏
父母 父:大中臣定登、養父:大中臣公長
清長
テンプレートを表示

大中臣 定長(おおなかとみ の さだなが)は、平安時代後期の歌人大中臣定登の子で、祭主大中臣公長の養子。官位神祇権大副

経歴編集

保延4年(1138年)、養父・公長が殺人の罪に問われて職務を停止されたため、定長も連座して神事供奉を停止された。その後、神祇権大副(神祇官の次官)に転任し、康治元年(1142年)12月9日に卒去した。詠歌が『金葉和歌集』に1首収録されている(歌番号672)。

系譜編集

参考文献編集