大井神社 (北方町)

日本の岐阜県本巣郡北方町にある神社

大井神社(おおいじんじゃ)は、岐阜県本巣郡北方町にある神社である。旧社格郷社。北方町の氏神で、例祭を「北方まつり」といい、町内から十数台の神輿が出され賑わう。

大井神社
Oi-jinja in Kitagata town ac (2).jpg
所在地 岐阜県本巣郡北方町北方字天王216
位置 北緯35度26分16.6秒
東経136度41分27.5秒
主祭神 須佐之男命
社格郷社
創建 永延2年(988年
本殿の様式 流造
別名 北方天王
例祭 5月2・3日(北方まつり)
テンプレートを表示

祭神編集

 
鳥居

由緒編集

永延2年(988年)、良祐上人円鏡寺の諸堂を整えた折り、鬼門に当たる方向に牛頭天王を祀ったのが始まりという[1]江戸時代には旗本戸田氏がこの地を領し、その代官であった吉原、岩井、鈴木3氏の崇敬を受けた。

明治元年(1868年)、神仏分離令により円鏡寺より分離、「大井神社」に改称し、明治5年(1872年)、郷社に列した。

文化財編集

  • 大井神社由緒記(町指定文化財 古文書 美術工芸品)[2]
  • 棟札(町指定文化財 考古 美術工芸品)[3]

交通機関編集

バス
  • 岐阜バス
    • 北方円鏡寺線、岐阜高専線、北方穂積線、大野北高線「岐阜農林高前」バス停下車、徒歩5分。
    • 大野真正北方線「北方一本松」バス停下車、徒歩8分。
鉄道

脚注編集

  1. ^ 貞観2年(860年)創建の説もある。
  2. ^ 大井神社由緒記”. 北方町. 2013年4月20日閲覧。
  3. ^ 棟札”. 北方町. 2013年4月20日閲覧。

参考文献編集