大伴子虫

大伴 子虫(おおとも の こむし、生没年不詳)は、奈良時代官人。勤大弐・大伴子君の子とする系図がある[1]官位従八位下左兵庫少属

経歴編集

当初、子虫は長屋王に仕えてその厚遇を受けていたが、神亀6年(729年)に発生した長屋王の変にて、中臣宮処東人からの誣告を受け、長屋王は自殺させられた。

天平10年(738年)子虫が左兵庫少属を務めていた際に、たまたま隣にある右兵庫寮長官(右兵庫頭)の任にあった中臣宮処東人と政務の合間に囲碁に興じていたが、話題が長屋王のことに及ぶにあたり、子虫は憤りを発して東人を罵り始め、遂には抜刀して斬殺してしまった。[2]

脚注編集

  1. ^ 鈴木真年『百家系図』巻59,大伴宿禰
  2. ^ 『続日本紀』天平10年7月10日条

参考文献編集

  • 宇治谷孟『続日本紀 (上)』講談社学術文庫、1995年
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年