メインメニューを開く

大倉 孝一(おおくら こういち、1962年9月17日 - )は、岡山県倉敷市出身の元社会人野球選手(捕手)。アマチュア野球コーチ、倉敷ピーチジャックス監督[1]女子野球日本代表監督[2]実業家

大倉 孝一
駒澤大学硬式野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県倉敷市
生年月日 (1962-09-17) 1962年9月17日(56歳)
選手情報
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ・監督歴

目次

経歴編集

岡山県立玉島商業高等学校から、駒澤大学に進学し硬式野球部でプレー。

大学卒業後は、社会人野球の日本鋼管福山(後にNKK)で捕手を務める。

現役引退後は、1996年からNKKのコーチ、2000年から駒大コーチ、2014年から環太平洋大学女子硬式野球部の監督を歴任した。 2001年に女子野球日本代表のコーチとなり、2006年に代表監督に就任し2010年に退任したが、2014年に監督に復帰した。女子野球日本代表監督として2008年、2010年、2014年、2016年にIBAF女子野球ワールドカップで世界一に導く。

監督業の他に、2010年から日本女子野球協会理事長[3]、SEB株式会社代表取締役を務めている。 2017年より駒澤大学硬式野球部の監督に就任。

代表監督歴編集

脚注編集

外部リンク編集