大和宣旨

平安時代中期の女流歌人。平惟仲の娘。勅撰集『後拾遺和歌集』に3首入集。太后宮藤原妍子女房・宣旨(女房長)、藤原道雅室、のち藤原義忠室。

大和 宣旨(やまと の せんじ、生没年不詳)は、平安時代中期の歌人中納言平惟仲の娘。母は藤原忠信女。配偶者は藤原道雅、のち、藤原義忠藤原妍子に仕えた中宮宣旨(筆頭女房)。後拾遺集に3首選ばれている。

作品編集

後拾遺集編集

  • 涙川流るゝみをとしらねばや袖ばかりをば人のとふらむ(550)
  • はるばると野中にみゆる忘れ水たえまたえまをなげく頃かな(735)
  • 戀しさを忍びもあへず空蝉のうつし心もなくなりにけり(809)

出典編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集