藤原忠信 (三乃三位)

 
藤原忠信
時代 平安時代中期
生誕 承平3年(933年[1]
死没 正暦4年12月11日994年1月25日
別名 三乃三位
官位 従三位美濃守
主君 円融天皇花山天皇一条天皇
氏族 藤原北家山蔭流
父母 父:藤原祐之、母:藤原惟遠の娘
義遠、平惟仲室、平惟仲養女
テンプレートを表示

藤原 忠信(ふじわら の ただのぶ)は、平安時代中期の公卿藤原北家魚名流、中納言藤原山蔭の曾孫で、伊勢守藤原祐之の次男。官位従三位美濃守三乃三位と号す。

経歴編集

小右記』によると、永延2年(988年皇太后宮亮を務めていた。その後美濃守を務めたのち、正暦4年12月10日(994年1月24日)従三位に昇叙されるが、その夜に夫妻共々出家する[2]。『一代要記』によると、翌11日に薨去したという。その場合享年61。

系譜編集

  • 父:藤原祐之
  • 母:藤原惟遠の娘
  • 妻:不詳
  • 生母不明の子女

脚注編集

  1. ^ 公卿補任』の従三位昇叙時の年齢から。
  2. ^ 日本紀略』正暦4年12月10日条
  3. ^ 山之内恵子「後拾遺和歌集作者ノート(4)」『並木の聖 第3号』1970年

出典編集