メインメニューを開く

大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツ

大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社(だいわしょうけん-)は、旧大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社(大和証券CM:2012年4月1日付けで「(3代目)大和証券」に統合)の子会社にあたる投資会社。

大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社
Daiwa Securities SMBC Principal Investments Co. Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 大和証券SMBCPI
本社所在地 日本の旗 日本
100-6754
東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
グラントウキョウノースタワー
設立 2001年10月1日(営業開始)
業種 証券、商品先物取引業
法人番号 9010001100590
事業内容 投資事業、ファンドの組成・運営等
代表者 荒木 秀輝(代表取締役社長)
資本金 1億円
純利益 ▲1700万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 19億8200万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 19億9100万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 130人
主要株主 大和証券エスエムビーシー株式会社 100%
主要子会社 のぞみ債権回収株式会社
外部リンク http://www.daiwasmbcpi.co.jp/
特記事項:会社分割前の旧法人の概要
テンプレートを表示

大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツ大和証券SMBCPI大和証券SMBC-PIなどとも表記される。

目次

概説編集

旧法人の営業開始編集

それまで(旧)大和証券SMBCが行っていた不良債権を含む金銭債権、不動産プライベートエクイティ(未公開投資)への投資業務について、より専門的かつ機動的に対応するために、子会社として独立させ、2001年10月1日より、大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社(大和証券SMBC-PI)として営業開始。

合弁解消に伴う会社分割編集

親会社であった(旧)大和証券SMBCは、大和証券グループ本社三井住友フィナンシャルグループSMFG)の合弁契約解消により、2009年12月31日に大和証券グループ本社の完全子会社となった後、社名も「大和証券キャピタルマーケッツ(大和証券CM)」となった。そのため、大和証券SMBCPIについては、2010年2月1日に会社分割商号変更を行い、既存事業を承継する三井住友銀行SMBC)40%出資の(新)大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社と、その他の事業を承継する大和PIパートナーズ株式会社(旧大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社)に分割された[2][3][4]

沿革編集

旧法人編集

  • 1998年3月 - 大和証券SMBCにおいて業務開始。
  • 2001年9月4日 - 大和証券SMBCの完全子会社として、大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社を発足。
  • 2001年10月1日 - 大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社の営業開始。
  • 2009年12月31日 - 親会社の大和証券SMBCとともに、大和証券グループ本社が完全子会社化。
  • 2010年2月1日
    • 既存事業について会社分割(吸収分割)を行い、受け皿会社の株式会社大和インベストメントマネジメント2号に承継させる。
    • 同時に、大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社から、大和PIパートナーズ株式会社に商号変更。

現法人編集

  • 2010年2月1日
    • 株式会社大和インベストメントマネジメント2号が、会社分割(吸収分割)により、(旧)大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社の既存事業を承継。
    • 同時に、株式会社大和インベストメントマネジメント2号から(新)大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社に商号変更。
    • (新)大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社の株式は、大和証券グループ本社子会社の株式会社大和インベストメントマネジメント1号に60%、三井住友銀行に40%譲渡され、両社の合弁会社となる。

事業編集

投資先編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集