三菱グループ

日本の企業グループ。旧・三菱財閥の流れを汲む。

三菱グループ(みつびしグループ、英語MITSUBISHI GROUP)は、かつての三菱財閥の流れを汲む企業を中心とする企業グループである。

三菱グループ
Mitsubishi logo.svg
創業者 岩崎家
国籍 日本の旗 日本
中核企業 三菱商事
三菱UFJ銀行
三菱重工業
三菱電機
三菱地所
三菱マテリアル
三菱ケミカル
AGC
明治安田生命保険
東京海上日動火災保険
三菱自動車工業
日本郵船
キリンホールディングス
標章 スリーダイヤ
テンプレートを表示

概要編集

創業は土佐藩大阪(現・土佐稲荷神社付近)で経営していた「九十九商会」。それを土佐藩士であった岩崎弥太郎が買い受け個人企業とした。そして九十九商会を「三菱商会」(現在の日本郵船の前身)と改称し、海運と商事を中心に事業を展開した。

マークは赤いスリーダイヤ(三菱マーク:創業時の九十九商会が船旗号として採用した三角菱のマークが、現在のスリーダイヤ・マークの原型。土佐藩郷士出の岩崎家家紋「三階菱」と、土佐藩主の山内家家紋「三つ柏」の組合せに由来。後に社名を三菱と定める機縁)。三菱グループの中核とされる、三菱UFJ銀行(旧・三菱銀行)、三菱商事、三菱重工業の3社を「三菱グループ御三家」と呼ぶ。

グループの主要企業、あるいは金曜会会員企業ながら、社名に「三菱」が付かない企業(日本郵船、ENEOSホールディングス(旧・JXTGホールディングス)、明治安田生命保険(旧・明治生命保険)、東京海上日動火災保険(旧・東京海上火災保険)、AGC(旧・旭硝子)、ニコン、キリンホールディングス(旧・キリンビール)、ローソン)もある。これら三菱の名前の付かない企業はスリーダイヤマークを使わない[1]。→#「三菱」「スリーダイヤ」の商標について

財閥系企業グループの中で、比較的結束が強いと言われ、一般に「組織の三菱」と称される。一例としては下記の事象が挙げられる。

  • 三菱グループ各社の本社、支社等は三菱地所や明治安田生命保険が保有するビルに置かれている事が多い。また、グループ各社の本社は東京都千代田区丸の内に本社を構えている場合が多い。そういった背景から丸の内は「三菱村」とも呼ばれる。
  • 三菱地所のビルには、ほぼ必ず三菱電機のエレベーターエスカレーターが設置されている(同様に三井不動産のビルには、ほぼ必ず三井グループ東芝製の物が使われているほか、住友不動産のビルの設計は、住友グループ外ながら同根の日建設計(旧住友本店建築部)が担当することが多い等の事例もある)。
  • 三菱グループが所有するビルには、ほぼ必ず、キリンビバレッジの自動販売機が設置されている。
  • グループ各社の社用車は、三菱自動車工業(現在は大型乗用車市場から事実上撤退したため、軽自動車及び小型車が多い)及び三菱ふそうトラック・バス(ダイムラー連結子会社)の車両が多い。また、三菱自動車から新型車が発売される際には、グループ社員限定の事前発表会が行われる。
  • 三菱自動車のリコール隠しでは、三菱UFJ銀行・三菱商事・三菱重工業の「御三家」が経営再建に加わった。
  • 社内行事では、キリンビール・キリンビバレッジの製品を扱う飲食店を優先的に選ぶ。
  • 「THE MONTHLY MITSUBISHI(マンスリーみつびし)」というグループ広報誌が、毎月社員に配布される。
  • 三菱グループ各社が浦和レッズ(前身は三菱重工業サッカー部で、プロ化に伴い筆頭株主は三菱自動車工業になったが、自工が日産自動車傘下になった際に筆頭株主も重工に戻された)のオフィシャルパートナーに名を連ねている[2]
  • 2018年現在でも継続されている習慣も多い。
  • 全従業員数を計る目安に、月報誌の「THE MONTHLY MITSUBISHI(マンスリーみつびし)」の発行部数は、約32万部(入手当該誌より)で、(2019年12月公開HPでは約40万部と記載。プロパー社員・関連出向社員向けであり、通常は同フロアでも協力会社社員(派遣)は含まない)その数は日本の労働人口を6700万人と仮定すると、約0.47%にも及ぶ。

ただし、金曜会会員企業の中にも、ドイツの自動車大手、ダイムラーがほぼ90%の株式を保有している三菱ふそうトラック・バスや、合併前の三菱石油出身者から一人も役員が出ていないENEOSホールディングス(合併先の日本石油と、その後あらたに合併した新日鉱ホールディングスの二社の出身者が会長、社長、および役員を分け合う体制となっている。そして2017年4月1日東燃ゼネラル石油と経営統合し、JXTGホールディングス(現・ENEOSホールディングス)が発足したが、やはり東燃ゼネラル出身者に一部の役員席が回されただけとなっている)のように、グループとの結びつきがきわめて希薄な企業も含まれている。ENEOSホールディングスの筆頭株主は三井住友系の日本トラスティ・サービス信託銀行であるが、三菱系の所有株式数の割合は10.21%で、三井住友系の所有株式数の割合は10.1%であり、僅かではあるが三菱系が上回っている。

財閥時代から「三菱は岩崎家一個のものではなく、国家社会のための三菱である」とする考えがある。この言葉は戦後にも引き継がれ、「三菱は国家なり」として三菱グループが国家との結びつきが強いことでも知られている。

また、ビジネス以外の福利厚生面や広報については、施設を共有していたり、三菱系企業社員等が集まってスポーツ大会・レガッタ・コーラス等をするなど交流を行っている。

また、ライブドアによるニッポン放送株の買収に際して、三菱電機がフジサンケイグループの支援を表明するなど、財閥・金融系以外の企業グループにもかかわりを持つようになっている。一方では、三菱自動車工業の再建をめぐって、東京三菱銀行、三菱商事、三菱重工業の間で意志の相違が生じ、また、旧・明治生命保険や旧・東京海上火災保険が、同業他会社との経営統合(前者は安田生命保険と合併し「明治安田生命保険」に、後者は日動火災海上保険と合併し「東京海上日動火災保険」に社名変更)で、グループから自立の動きを見せている。また、三菱グループの総売上は約70兆円(2019年現在)で世界最高とされている。

三菱金曜会編集

1954年に始まった三菱金曜会(略称・金曜会)は、毎月第2金曜日、グループ企業の会長・社長を集めて行う懇談昼食会を、活動の中心としている[3]

この他、歴史的建造物である岩崎弥之助本邸の維持・管理、およびグループの迎賓館・社交クラブとしての運営に当たる三菱開東閣委員会が、グループ32社によって組織されている。

主要会社編集

ここでは、三菱金曜会の会員(27社)、および三菱広報委員会の会員(37社)を挙げる(なお、三菱金曜会の会員は、三菱ケミカル以外すべてが三菱広報委員会の会員である[4][5])。その他の会社は、下記の会社を中心とするグループのいずれかに属する形となる。

社名 三菱金曜会 三菱広報委員会 備考
三菱アルミニウム -
三菱ケミカルホールディングス -
三菱化工機 -
三菱ガス化学 -
三菱地所 -
三菱自動車工業 -
三菱重工業 -
三菱商事 -
三菱製鋼 -
三菱製紙 -
三菱倉庫 -
三菱総合研究所 -
三菱電機 -
三菱UFJ銀行 ※2
三菱ふそうトラック・バス -
三菱マテリアル -
三菱UFJ証券ホールディングス -
三菱UFJ信託銀行 ※2
AGC -
キリンホールディングス -
ENEOSホールディングス -
東京海上ホールディングス ※3
ニコン -
日本郵船 -
ピーエス三菱 -
明治安田生命保険 ※3
三菱ケミカル - -
三菱オートリース - -
三菱鉱石輸送 - -
三菱食品 - -
三菱スペース・ソフトウエア - -
三菱プレシジョン - -
三菱UFJニコス - ※2
三菱UFJリース - ※2
アストモスエネルギー - ※1
大日本塗料 - -
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ - -
ローソン - -

備考欄の

過去の主要会社編集

『炎の男たち・三菱 野望の軌跡』242ページから245ページに基づき、かつ#主要会社に掲載されていない会社を列記している。また、以下のリストは、三菱広報委員会加盟社である[6]

「三菱」「スリーダイヤ」の商標について編集

鉛筆製造の三菱鉛筆[7]、熊本県の弘乳舎が販売していた三菱サイダーは、「三菱」の名前とスリーダイヤモンドの商標を使用しているが、両社とも三菱グループとは、一切の資本・人的関係がない。これは、三菱グループが商標登録するよりも早くからこの商標を用いており(鉛筆が1903年、サイダーが1919年)、三菱グループにはその使用を差し止める事が出来ないためである。他にも香川県高松市の三菱クリーンサービス、文房具卸売業の三菱文具など、グループ外で「三菱」を名乗る企業も一部存在する(いずれも、スリーダイヤは使用していない)。なお、2010年8月には大阪府門真市の「三菱タクシー」が未来都タクシーに改称した[8]

また、北海道札幌市にはこれまた三菱鉛筆や三菱サイダー同様、スリーダイヤを社章に用いた三菱グループ外のLPガスの販売を行う(株)菱友という企業がある。三菱グループで「三菱」が社名につく会社の一覧も参照のこと。この一覧表はグループ内で「三菱」がつく会社を、子会社・孫会社等・海外合弁会社にいたるまで漏れなく表示している。つまり、この表にない「三菱」がつく企業はグループ外である。

一方、三菱グループの中には「スリーダイヤ」マークを使用しない企業がある。三菱UFJ銀行[9]やENEOSグループ[1]のような「非」三菱グループと合併した企業や、日本郵船やキリンビール、明治安田生命保険、東京海上日動火災保険[10]などのように、古くから「三菱」「スリーダイヤ」とは異なる商標を用いてきた企業がそれに当たる。

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 三菱石油時代は「スリーダイヤ」マークを使用していたが、旧・日本石油との企業合併により発足した旧・日石三菱が新ブランド「ENEOS」を導入して以後は「スリーダイヤ」マークを使用していない。
  2. ^ ただし、三菱商事がFC東京(運営会社の役員も出している)の、三菱電機が大宮アルディージャセレッソ大阪(2012–)のスポンサーとなっているように、三菱グループながら他のクラブのスポンサーとなっている企業もある。
  3. ^ 三菱金曜会概要
  4. ^ 三菱金曜会
  5. ^ 三菱広報委員会 - 会員会社紹介
  6. ^ 『炎の男たち・三菱 野望の軌跡』242ページから245ページ
  7. ^ 三菱グループについて>Q.10”. 三菱グループ/mitsubishi.com. 2016年3月7日閲覧。
  8. ^ 2018年11月30日付の読売新聞大阪本社版朝刊11面の記事によれば、商標上の問題が確認できず訴訟では争えないと判断した三菱グループが三菱タクシー側に社名変更の対価を支払ったとのこと。
  9. ^ 三菱銀行時代は「スリーダイヤ」マークを使用していたが、旧・東京銀行との企業合併による旧・東京三菱銀行発足以後は「スリーダイヤ」マークを使用していない。
  10. ^ 保険両社は、合併前(明治生命、東京海上時代)から「スリーダイヤ」を使用していない。

関連項目編集

外部リンク編集