メインメニューを開く

大塚 喜一郎(おおつか きいちろう、1910年明治43年)2月5日 - 1988年昭和63年)8月26日[1])は、日本の弁護士最高裁判所判事京都府舞鶴市出身。

概要編集

三高に入ったが、寮に門限をつけることに反対して、ストライキ実行委員長をしてストライキに入り、警察に拘束されて放校処分となり、1934年(昭和9年)に中央大学法科を卒業[2]1935年(昭和10年)9月に高等文官試験司法科に合格し、同年12月に弁護士登録[2]

会社の顧問などをし、1959年(昭和34年)4月に日弁連事務総長、1961年(昭和36年)3月に法学博士、司法研修所教官、1970年(昭和45年)4月に第一東京弁護士会会長に就任[3]。1947年(昭和22年)に京都2区で革新系で衆議院議員に立候補したが落選した[4]。弁護士としては、平野事件ユーザーユニオン事件大阪タクシー汚職事件、石原産業事件などを扱った[4]

1973年(昭和48年)2月2日に最高裁判所裁判官に就任[4]。日弁連の推薦ではなく、内閣独自の任命だった[2]。大塚は「最高裁や内閣から強く要望され、日弁連幹部と話し合った上で引き受けた」と話した[5]

公務員の争議行為の是非が争われた第二次名古屋中郵、国労松山駅事件の威力業務妨害罪などで、1976年5月の大法廷判決に沿って、一二審無罪を破棄して、罰金刑の有罪判決を言い渡した[6]

1980年(昭和55年)2月に定年退官した[7]

その後、1982年(昭和57年)9月に松本正雄の後任として国家公安委員に任命された[7]

脚注編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、239頁。
  2. ^ a b c 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)183頁
  3. ^ 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)183・184頁
  4. ^ a b c 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)184頁
  5. ^ 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)61頁
  6. ^ 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)184・185頁
  7. ^ a b 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)185頁