メインメニューを開く

大塩温泉(おおしおおんせん)は、長野県上田市(旧国信濃国)にある温泉

Hot springs 001.svg 大塩温泉
温泉情報
所在地 長野県上田市
交通 鉄道:北陸新幹線しなの鉄道上田駅よりバスで約60分
自動車:上信越自動車道東部湯の丸ICより40分
泉質 硫酸塩泉
泉温(摂氏 39 ℃
テンプレートを表示

目次

泉質編集

温泉街編集

国道254号沿いに温泉地が広がる。温泉街の規模は小さく、数軒存在していた旅館は2010年現在1軒のみ営業を続けている。

共同浴場は1軒存在し、公民館が併設されている。

歴史編集

開湯伝説によれば、天文年間の発見とされる。戦国時代武田信玄隠し湯であったという。

傷病に対する効能があったことから、東京品川陸軍病院分院もこの地に置かれた。

昭和31年6月15日 - 厚生省告示第152号により、内村温泉の一部として鹿教湯温泉霊泉寺温泉とともに国民保養温泉地に指定。指定時は3温泉の総称は内村温泉であったが、のちに丸子温泉郷へと改められている。

アクセス編集

関連項目編集