メインメニューを開く

大宝寺 健氏(だいほうじ たけうじ) は、室町時代後期の武士大宝寺氏11代当主。武藤健氏とも呼ばれる。

 
大宝寺健氏
時代 室町時代後期
生誕 不明
死没 不明
改名 上杉健氏
別名 武藤健氏
官位 右京亮
氏族 大宝寺氏
父母 父:大宝寺淳氏
政氏

略歴編集

大宝寺淳氏の子として誕生。父の築いた勢力基盤を元に更なる勢力拡大を目指し、幕府に貢物を送って右京亮に任じられる。元服の際は斯波義健から偏諱を受けた。応仁元年(1467年)から応仁の乱が勃発すると、建氏も兵を率いて上洛しようとするが[1]伊達氏蘆名氏に阻まれて上洛できなかったという。この頃健氏は上杉姓を名乗っており、上杉氏との結びつきが強かったことをうかがわせる。

死後、家督は子・政氏が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 「羽黒山年代記」上杉右京佐健氏殿、最上へ御向アリ。『寒河江市史 上巻』p.696-697

出典編集

  • 寒河江市史編さん委員会 『寒河江市史 上巻』1994