メインメニューを開く

大宝寺 義興(だいほうじ よしおき)は、安土桃山時代大名大宝寺氏18代当主。武藤義興とも呼ばれる。

 
大宝寺義興
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文23年(1554年
死没 天正15年11月24日1587年12月23日
別名 氏高、武藤義興、丸岡兵庫
氏族 大宝寺氏藤原姓
父母 父:大宝寺義増
兄弟 義氏義興
養子:義勝本庄繁長二男)

生涯編集

天文23年(1554年)、大宝寺義増の二男として誕生する。初めは櫛引郡丸岡城を居城としていた。

天正7年(1579年)、兄であり大宝寺氏17代当主・義氏織田信長と誼を通じ屋形号の称号を得ると、義興は義氏より羽黒山別当の座を譲り受ける。その後は僧として、また兄の補佐として羽黒山と大宝寺家双方を盛りたてていたが、天正11年(1583年)、義氏が家臣・東禅寺義長の謀反により自害した為、尾浦に入りその後を継いだ。

義興には男児が居なかったため、また越後国との関係を重視するために本庄繁長の二男・千勝丸(後の義勝)を養子に迎え、繁長の支援を受けた。最上氏への被官の道よりも自家の独立・存続を願い、万が一の時は本庄氏、上杉氏を頼みとした、積極、且つ苦渋なる外交選択であった。ところが天正13年(1585年)、義興が最上方の清水城を攻めると荘内の最上方の国人が一斉に蜂起した。これを好機と捉えた最上義光が軍を率いて六十里越街道を踏破し荘内に侵攻してきた。頼みとする繁長は新発田攻めで動けず、陸奥伊達政宗のもとを頼り和議を結ぶも、義長とその弟・勝正が蜂起する。義興は東禅寺城を包囲するが、義光の援軍が到着し形勢は一気に逆転する。一年の籠城による奮戦の末、居城・尾浦城は陥落し、ついに義興は自害した[1]

養子である義勝は辛くも実父・繁長の下に逃げ帰り、大宝寺氏の命脈は辛うじて繋がれた。

脚注編集

  1. ^ 一説には助命されて山形へ連行されたとも。