大寺 眞輔(おおでら しんすけ、1965年 - )は、日本映画評論家早稲田大学教育学部非常勤講師、日本大学芸術学部映画学科講師(非常勤)。音楽事務所のアベック・プレジール代表[1]だったが、アベック・プレジールは事業形態を変更し、映画関係事業、映画批評、出版、イベント企画、翻訳(英仏)、印刷、デザインHP作成、管理などを専門にしている。

略歴編集

2004年より、横浜日仏学院シネクラブの主催者として講演を行っている[2][3]。2005年、シネクラブでの9回の対談を収めた『現代映画講義』を発表する[4]

2006年、京都国際学生映画祭の審査員をつとめる[5]

2011年、上映団体DotDashを立ち上げ、ジョアン・ペドロ・ロドリゲス特集上映の実現のためにクラウドファンディングを使って運営資金を募ったことが話題となる[6]

著書編集

  • 『現代映画講義』(青土社、2005年)

脚注編集

  1. ^ ブログ始めます!”. 泉南聖書教会 (2012年1月2日). 2013年6月14日閲覧。
  2. ^ 『私家版 現代映画講義2.01——『デザンシャンテ』の余白に』”. Nobody (2007年6月11日). 2013年6月14日閲覧。
  3. ^ 「ディア・ハンター」「ロシュフォールの恋人たち」…この映画に涙した! 世界的映画都市、東京の映画館で観た名画3本”. 産経新聞 (2012年12月29日). 2013年6月14日閲覧。
  4. ^ 『現代映画講義』大寺眞輔 編著”. Nobody (2005年12月13日). 2013年6月14日閲覧。
  5. ^ 京都国際学生映画祭の歴史”. 大学コンソーシアム京都 (2010年4月8日). 2013年6月14日閲覧。
  6. ^ ポルトガルの鬼才の映画作品が日本初公開へ PR手法も話題に”. イザ! (2012年12月10日). 2013年6月14日閲覧。

外部リンク編集