大小田結貴(おおこだ ゆき、生年月日不明-)は日本の天文学者である。2018年東京大学理学部修士課程2年在籍時に、出来て間もない恒星の周辺に密度の高い円盤状の物質の集まりを発見したことで世界的に注目を集めた。これは惑星系のもととなる状態だと言われている。[1][2]この恒星はアメリカ合衆国イギリスオランダの共同開発によるIRAS望遠鏡を使用して観測され IRAS 15398-3359と呼ばれる。

大小田と研究仲間たちは惑星系の形成をチリアタカマ砂漠にあるALMA望遠鏡を使用して研究している[3]。2018年、大小田はBBCにより世界で影響力のある100人の女性の一人に選ばれた。[4]

著作編集

  • Yuki Okoda, Yoko Oya, Nami Sakai, Yoshimasa Watanabe, Jes K. Jørgensen, Ewine F. Van Dishoeck, and Satoshi Yamamoto. The Co-evolution of Disks and Stars in Embedded Stages: The Case of the Very-low-mass Protostar IRAS 15398-3359 - Astrophysical Journal Letters

脚注編集

  1. ^ Little star sheds light on young planets” (英語). The University of Tokyo. 2021年3月12日閲覧。
  2. ^ Griffin (2018-09-04). "Astronomer sees tiny star that could explain why we are on Earth". The Independent. Retrieved 2018-12-18.
  3. ^ "Yuki Okoda, Graduate Department of Physics, selected as one of BBC's 100 Women - School of Science, the University of Tokyo". www.s.u-tokyo.ac.jp. Retrieved 2018-12-18.
  4. ^ "Yuki Okoda". The Japan Times. Retrieved 2018-12-18.